危機管理シミュレーションで出来ること

この危機管理シミュレーションは、次々に提示される情報に対して質問にお答えいただくことで、企業としての

● 水害発生時の初動対応

● 地震発生後の事業継続対応

を疑似体験することができます。

自社でBCPを整備していく際に、どのようなポイントを考えていく必要があるのか、この対応シミュレーションで確認してみましょう。

シミュレーションの進め方

STEP1  体験する事態の選択

これからシミュレーションを通じて体験する事態(水害対応と地震後の事業継続対応)を選択してください。

 
STEP2  前提条件の確認
シミュレーションを行う前提となる会社の状況やあなたの立場等が表示されますので、その内容を確認してください。
 
 
STEP3  発生する状況の確認と質問への回答
対応シミュレーションを進めるにあたっての「状況付与」とそれに応じるための「質問」が表示されます。
状況付与に記載された内容を確認し、質問の答えを考えてください。
 
回答は
1)表示された選択肢を選ぶ
2)入力フォームに内容を記入  
3)考えるのみ
 の方法があります。
 

 

 
 
 
 
STEP4  質問に関する解説の確認
個々の質問に回答したり、次のページに進む度に、適切と考えられる回答や提示した質問の意図、質問に関する解説等が表示されます。
 
 
STEP5  まとめ

シミュレーションが終わった後は全体を通じた振り返りとまとめをお知らせいたします。

シミュレーションの進め方

STEP1  体験する事態の選択

これからシミュレーションを通じて体験する事態(水害対応と地震後の事業継続対応)を選択してください。

 
STEP2  前提条件の確認
シミュレーションを行う前提となる会社の状況やあなたの立場等が表示されますので、その内容を確認してください。
 
 
STEP3  発生する状況の確認と質問への回答
対応シミュレーションを進めるにあたっての「状況付与」とそれに応じるための「質問」が表示されます。
状況付与に記載された内容を確認し、質問の答えを考えてください。
 
回答は
 1)表示された選択肢を選ぶ
 2)入力フォームに内容を記入する  
 3)考えるのみ
 の方法があります。
 
 
STEP4  質問に関する解説の確認
個々の質問に回答したり、次のページに進む度に、適切と考えられる回答や提示した質問の意図、質問に関する解説等が表示されます。
 
 
STEP5  まとめ

シミュレーションが終わった後は全体を通じた振り返りとまとめをお知らせいたします。

危機管理シミュレーションの活用方法

この危機管理シミュレーションは以下のような目的で活用いただくことができます。

 

1.BCP策定の要否の確認として

まだBCPを策定していない企業の経営者や総務・業務担当者の皆さまが、この危機管理シミュレーションを体験してみることで、自社にBCPが必要かどうかを確認することが可能です。

 
2.自社BCPの評価として
BCPを策定済みの企業の担当者の皆さまにとっては、自社のBCPやマニュアル等を基にした対応を検討いただくことで、自社のBCPの過不足を確認する参考となります。
 
 
3.防災・BCP担当者の研修として
社内の防災やBCPの担当者の皆さまが、このシミュレーションを通じて災害対応の疑似体験を行うことができ、担当者用の教育や研修の機会としてご活用いただけます
 
 
4.社員の研修・教育資料として
防災やBCPに直接携わっていない一般社員の皆さまにも、このシミュレーションを体験いただくことで、災害時に経営者や部門責任者がどのようなことを検討し、判断をしていく必要があるのか、ということに触れる機会となります。社員の危機管理に関する研修や教育資料の一つとして利用することが可能です。